Miller English Academy 1-10-26, Yamada-higashi Suita, 27 565-0082 JP

06-6875-6458

MEA 英会話 Miller English Academyミラーイングリッシュアカデミー

MEA 英会話 Miller English Academyミラーイングリッシュアカデミー

MEA 英会話 Miller English AcademyミラーイングリッシュアカデミーMEA 英会話 Miller English Academyミラーイングリッシュアカデミー

MEA Spring Campaign

From the 1st of February to the 31st of March, we will be running a special campaign. Please refer to the attachment for details. 

2月1日から3月31日の間特別な春キャンペーンを実施します。詳しい内容を下記のファイルをクリックしてください。宜しくお願いします。

Courses for Kids

幼児コース (キンダーガーテン)

幼児コース (キンダーガーテン)

幼児コース (キンダーガーテン)

image325

幼児期は学習における黄金期であり、子供達は最も目覚ましく進歩します。その能力をやさしく、楽しく、そして責任をもって、伸ばしていくことを目標としています。歌や話を取り入れ、DVDなども用いながら、教師との自然な交わりの中で、子供達は心身の成長と共に英語を身につけていくことになります。子供達が英語を母国語のように話せるように、読めるように、バイリンガルな充実した人生を歩めるように、準備を始めましょう。

小学生低学年コース

幼児コース (キンダーガーテン)

幼児コース (キンダーガーテン)

image326

このレベルでは、英語を楽しく分かりやすく学ぼうというだけでなく、将来学校で、またその後も役立つように勉強しようという態勢に入っていきます。クラスでは学ぶ楽しさを増す、くつろいだ雰囲気と、確かな学習法で実用英会話を学び、初級文法にも触れるようになります。ロールプレイや児童英検のための練習も加わります。多くの場合、数ヶ月の内には、英語で表現するということに自信が生まれてきます。

小学生高学年コース

幼児コース (キンダーガーテン)

小学生高学年コース

image327

中学校英語へのパスポートとなるのが、このレベルです。生徒達は、実用的で自然な英語を使えるように練習を積み、読み書きや文法といった英語の基礎も、やさしく効果的に学んでいきます。ロールプレイ、英検、さらにメディアに流れる歌や映像等も学習に加えられます。楽しく学びながら、その上達のようすは目を見張るばかりです。

中学生コース

​海外帰国子女コース

小学生高学年コース

image328

英語を聞き話す訓練を重ね、英語によるコミュニケーションの力をつけることを目指します。中学校で学び始める英文法をしっかり身につけるための学習が、英会話のレッスンの中に取り入れられます。複雑な文法をやさしく理解できるように、日本語のわかる外国人教師が指導します。遅れ気味の生徒も自信と理解を深め、上達するチャンスを広げていきます。一連のテキストを用いてディスカッションし、人気の歌や映画を取り上げて英語の世界を学びます。ごく日常的な会話を用いて通訳の力を養い、ディベイトのテクニックをさぐり、英検に向けての予習もします。このように、MEAの中学生コースはとても実用的なものです。しかも楽しく、そして有意義です。

高校生コース

​海外帰国子女コース

​海外帰国子女コース

image329

生徒達は、日常会話、対話、討論、また映画や音楽等を通して、語彙表現、文法、オーラル、ヒアリングなど様々な面から英語に親しみます。英語によるコミュニケーションの力を強め、伸ばしていきます。高校生レベルでは、非常に重要なポイントを理解するのに日本語を必要とする以外は、日本語は段階的に排除され英語のみの環境で学習を進めていきます。MEAの高校生コースでは、ただ英語を勉強するというのではなく、英語を活かし、英語を楽しむという英語人生へと、生徒たちをしっかり導いていきます。

​海外帰国子女コース

​海外帰国子女コース

​海外帰国子女コース

image330

帰国子女コースが目的とするのは、海外生活で習得した英語のレベルを維持するだけではなく、それをさらに伸ばすということです。このコースは年齢を問いません。そしてプライベート、セミプライベートのクラスのように、何をどう学習したいかという希望(英語で書く、英語で話す等)にしっかりと沿えるものです。 これらのクラスに居る間は、日本に帰っていることを忘れ、第二の故郷にまだ居るかのように思ってしまうことでしょう。